Blog@instinctoy />
   <div id=
【抽選】ROTTEN REXX INSTINCTOY EXCLUSIVE COLOR 2色をご紹介【7/29締切】
2015/ 07/ 23 (Thu) | 編集
blogtop-rotten-rexx-instinctoy-model.jpg

<7/29締切>抽選販売作品ROTTEN REXX INSTINCTOY EXCLUSIVE COLOR 2色”Ultimate Purple" & ”Ultimate Red"をご紹介です。
rotten-rex-original-01.jpg
今回の企画が誕生した経緯からご紹介させて頂きます。2013年11月にロサンゼルスで開催された玩具イベント『D-CON』に初出店した際、たまたまお隣のブースがLULUBELLさんのブースでした。

そこで、注目の商品として展示されていたのがこちらの作品。自ら原型制作も手掛けるUSAのアーティスト『JAMES GROMAN』の代表作『ROTTEN REXX』です。一見、ティラノサウルスを彷彿とさせるオーソドックスな作品と思いきや、短い足に、ボッテリとしたお腹。細部迄徹底的に作り込まれた非常に複雑な造形ながら、オリジナリティー溢れる可愛さを感じる独特のフォルム。

rotten-rex-original-02.jpgと思いきや、左反面は皮と骨と肉、そして、脳みそまでが露出した完全なゾンビ2つの表情を持つ作品で、造形の随所に作品のストーリー展開を連想させられる、正に観るもの想像力を掻き立てられる作品です。D-CON会場で一目見た瞬間に魅了され『絶対にコレクションに加えたい。』と心から思いました。

しかし、この作品な何と1点モノ。JAMES GROMAN氏ご本人が自らハンドペイントで仕上げ”Ultimate(究極)”と名付けられた逸品でした。販売方法は抽選販売!!会場では作品を求め70名近くの人が抽選に参加し、もちろん、僕も抽選くじを貰い運命の抽選結果を待ちました。

orijinaru-rotten-rexx-get-hiroto-ohkubo.jpgそして、見事に1位当選したのが僕でした。持ち前の強運(笑)で奇跡的にGET!! あの時の感動は今でも鮮明に覚えてます。

これを機にROTTEN REXXの魅力に益々取りつかれ、今後リリースされる作品のコンプリートを目指そうと決意しました。しかし・・・、流石はアーティストご本人が究極の作品。その後、メーカーさんからリリースされた作品の彩色は、個人的に満足のいく作品ではありませんでした。肉、皮、骨、そして、筋に至るまでリアリティーが追求されたカラバリがどうしても欲しい!!!『無理なら当社で作らせて欲しい!!!』と、名乗りを上げたのが今回の企画の始まりでした。

rotten-rexx-instinctoy-exclusive-diy_20150720163407d1d.jpg

メーカーのLULUBELLさんにコンタクトを取り、是非、うちの工場で制作したEXCLUSIVEカラーをリリースさせて頂けないかと企画立案を打診してみた所、快く承諾頂けました。

まずはテスト彩色用にD.I.Y素体が到着。

実は、この時点ではまだ、明白にやりたいカラーリングが決まってはおらず、あくまでイメージ状態の中、工場と共に手探りでオリジナルカラーを模索していく状態でした。


そして、試作品の制作に着手!!

instinctoy-rottenrexx-01.jpg

最初に完成したのが画像中央の作品(サンプル1)です。画像左のアーティスト本人が制作した作品(オリジナル)を参考に、骨や皮、内臓といった細部のパーツを丁寧に拾い、徹底的に描写表現。リアリティーを追求しました。次に着手したのは画像右の作品(サンプル2)です。ティラノサウルスのイメージにより近い、茶色の乾いた皮膚の表現に、細部はさらに血塗られた血液迄リアリティーを表現すべく作品を仕上げました。

instinctoy-rottenrexx-02.jpg


どちらの試作も完全に失敗に終わりました。一番の理由としては『ただ、リアリティーを追求したグロいだけの作品』になってしまったからです。アーティスト本人が何故、オリジナルアメコミ風にリアリティー仕上げに彩色にしたのかが、この時初めて解った気がしました。。。 オリジナルの真似事なら誰でも出来る。圧倒的な存在感と、そして、デザイナーズトイとしての美しさを兼ね備えた作品を作らなければ、この企画を当社でやらせて頂く意味が無いと、改めて実感しました。

そして、完成したのがこちらの2色です!!


topimage-rotten-rexx-instinctoy-model-01.jpg


オリジナルのイメージからは完全に離れ、独自の世界観をテーマに多数の色を使用し、アートなカラーリングにまとめ上げました!!!

instinctoy-rottenrexx-04.jpg

細部の表現を徹底的に追求し、リアリティーを演出するも全くグロく無い表現。メインカラーの”パープル”と”レッド”カラーには、『コピー不可』をテーマに、幾層にも色を重ね塗りし、大変深みのあるカラーリングに仕上がっております。

instinctoy-rottenrexx-05.jpg

まずは”パープル”からご紹介。

幾層にも下地を塗り重ね、メタリックカラーとトップコートにより、皮膚の印象を損なわない程よく高級感のあるメタリックパープルカラーに仕上げております。骨格部分はパープルと相性の良いゴールドに仕上げ、キャラクターの個性を強調。内臓はオレンジ皮膚にはグリーン脳みそ部分にはピンク蛍光塗料を使用し、メタリックカラーに負けない発色で造形のワンポイントを強調しております。

instinctoy-rottenrexx-06.jpg




暗闇でブラック・ライトを照射頂くと、蛍光塗料部分が其々のカラーに怪しく発光し、怪しい雰囲気が倍増!!お買い上げいただいたお客様は是非ともお試しください。

instinctoy-rottenrexx-07.jpg




ちなみに、脳みそ蓄光塗料仕上げなので暗闇で発光します。蓄光好きとして地味にこだわったワンポイントです。

instinctoy-rottenrexx-08.jpg
更なるこだわりポイントは『腹部』箇所です!!

うごめく髑髏をダーク・シルバーで仕上げ、目玉にはオリジナルには無いラインストーンをおよそ34個も埋め込み存在感をアピールしております。

胸部に残った皮膚箇所には、1kg=5万元(約100万円)もする、紙幣のフォログラムに使用される特別な高級塗料を使用し彩色を施しております。マジョーラよりも更に色味の変化と深みがある高級感漂う仕上がりとなっております。

instinctoy-rottenrexx-10.jpg



勿論、レッドカラーにも同様のこだわりを詰め込んで仕上げております!!

こちらも同じく”コピー不可能な、深い色合いのメタリック・レッドカラーに仕上げ、骨格部分はパープルモデルとは対照的にシルバーを使用しました。

instinctoy-rottenrexx-11.jpg




こちらも各所に使用した蛍光塗料により、ブラック・ライトを照射した際には、皮膚の蛍光オレンジ赤く発光している様に見え、燃えたぎる炎やマグマの様な雰囲気です。


instinctoy-rottenrexx-12.jpg





脳みそも同様、蓄光塗料により怪しく発光致します。

instinctoy-rottenrexx-13.jpg



こちらのこだわりの胸部は、パープルのダークな雰囲気とは対照的に、髑髏をゴールドカラーで仕上げております。

18体の金の骸骨のラインストーンの目が、キラキラと光に反射し存在感も抜群です!!

instinctoy-rottenrexx-09.jpg
そして、両カラー共に最も注意して制作したのが『目』の表現です。

手書きではポイント表現に限界がある為、この部分の為だけに専用のシールを制作し貼り付け、その上から彩色を施しリアルに表現しております。

直径僅か3mmのシールにはフォログラムが印刷されており、ラメの様に反射することで『生きた目光彩』を演出。手書きの血管や、全体にクリアコーティングを施し目の潤いを再現する等、目力にも徹底的にこだわっております。

instinctoy-rottenrexx-14.jpg




反対側の失われた左目は、パールホワイトで仕上げました。

太陽の光など、紫外線を照射すると血管が浮き出る仕掛け塗装をしています。(パープル/レッド共通)

rotten-rexx-instinctoy-exclusive-09.jpg





また、こちらも両カラー共通で足裏には蝙蝠を踏みつぶした痕跡を表現し、遊び心も注入です。

身体中の至る所にディティール表現が非常に多いROTTEN REXXですが、アーティスト本人が制作したオリジナル徹底的に細部迄観察し、一つの造形表現も取りこぼさない様、彩色を施しておりますので、オリジナルに最も近いカラバリと言っても過言ではありません
instinctoy-rottenrexx-15.jpg

instinctoy-rottenrexx-17.jpg
こうして究極の2体が完成。カラーネームは”Ultimate Purple" & ”Ultimate Red"となります。

instinctoy-rottenrexx-18.jpgROTTEN REXXは、当社の契約工場の中でも特に彩色技術に優れた選りすぐりの工員4名がチームを組み、1ヶ月間毎日作業に取り組み、Ultimate Purple"9体。”Ultimate Red"9体の計18体を生産致しました。
instinctoy-rottenrexx-20.jpg

instinctoy-rottenrexx-19.jpg完成した18体のうち、各1体(1set)をアーティストのJAMES GROMAN氏に製品版サンプルとして納品。もう1setは当社の保存品として使用。残り各7体(計14体)を販売させて頂きます。
instinctoy-rottenrexx-21.jpg

instinctoy-rottenrexx-22.jpg

大変な数の工程数と、長期に渡る制作期間、一部に超高級特殊塗料等を使用するなど、制作コストも非常に高額が作品となりますので、販売価格は各税込84,240円となります。

各色1体(計2体)は、今月末(7/26)に幕張メッセで開催のワンダー・フェスティバル2015[夏]にて※抽選販売させて頂きます。

残り各色6体(計12体)につきましては世界抽選販売とさせて頂きます。早くも世界中からお問合せが殺到しており完売は確実の状況です。

instinctoy-rottenrexx-23.jpg商品パッケージは、各色イメージに合わせ高級感のある専用BOXに封入させて頂きます。布地の箱に1体1体商品名とシリアルNo.を布地に貼り付ける事が可能な専用シートに印刷し、熱圧着により貼り付けております。商品本体をジャストサイズに封入しております。
instinctoy-rottenrexx-24.jpg

以上が作品のご紹介となります。INSTINCTOYオリジナル作品では普段、シンプルで美しい表現等を主体に多くの作品を手がけておりますが、今回のROTTEN REXX EXCLUSIVEカラーは、リアル系彩色においても高い生産術がある事を証明する為に取り組んだ作品でもあります。こだわりを詰め込んだ自信作ですので是非とも宜しくお願い致します!!!

商品をご希望頂けますお客様は下記の販売規約を必ずお読み下さい。


【抽選販売規約】


・お一人様、1アドレスにつき最大各1体迄応募制限を設けさせて頂きます。

・本抽選販売は、世界募集となります。国内配分数は最大で各2~3体(WF会場抽選を含む)となります。

・応募締切後のキャンセルは基本的にお受けできません。

・商品代金の他に別途送料が必要です。

・ご当選頂いたお客様は1週間以内にお支払いをお願い致します。



以上をご理解頂けますお客様のみ、下記の受付ページへお進み頂きご応募下さい。

”Ultimate Purple”
http://instinctoy.com/?pid=91718150

”Ultimate Red”はこちら。
http://instinctoy.com/?pid=91718049


BLOG更新と同時に抽選受付を開始させて頂き、締切は7月29日(水)23:59迄とさせて頂きます。ご当選頂いたお客様のみ7月31日19時迄にご連絡させて頂きます。


皆様からのご応募を心よりお待ち申し上げます。



【WF2015[夏]会場抽選に関するご案内】


<<<企業ゾーン3ホール:10-01>>>
wf2015summer-instinctoy-booth.jpg


今週末幕張メッセで開催されますワンダーフェスティバル2015[夏]会場にて、各色1体を抽選販売させて頂きます。

instinctoy-rottenrexx-25.jpgイベント開始時刻より先着で抽選くじを配布致します。各色100枚がなくなり次第配布を終了させて頂きます。)お一人様、最大で各1枚迄とさせて頂きます。

”Ultimate Red"をご希望のお客様はピンク”Ultimate Purple"をご希望のお客様へはブルーINSTINCTOYのスタンプ入り抽選くじをお渡しし、正午12時になりましたら抽選を開始しますのでブースへお戻り下さい。時間に戻って来て頂いたお客様から、お渡ししたチケットの※半分を切って抽選BOXに入れて頂き(※もう半分はご自身でお持ち下さい。)スタッフが演出した番号と同じ方がご当選という抽選形式を取らせて頂きます。

ご不明な点が御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
contact@instinctoy.net

WF会場のご応募もフタッフ一同心よりお待ち申し上げます。
スポンサーサイト
>>once more (Ranking)
人気ブログランキング登録中!! 是非とも一日ワンクリックお願いします☆
デザイナーズTOY | Comment(0) | - |
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析