Blog@instinctoy />
   <div id=
【11/8発売】BAT LIQUIDの全て!! Series 1<3種>と合わせご紹介【※先着販売】
2015/ 11/ 06 (Fri) | 編集
blogtop-bat-liquid-3black.jpg

3Dモデリング技術により完成した新作BAT LIQUIDの全てを、Series 1<3種>と合わせご紹介させて頂きます。
<その1:こだわり抜いた開き翼の形状>

bat-liquid-open-wing-image1.jpg先週、”CURIOの全て”と題したBLOG記事の中でINSTINCTOY専属の3Dモデラー入社をご紹介させて頂きましたが、今回ご紹介させて頂く新作のBAT LIQUIDは彼と挑んだ第2作目の作品となります。実はこの作品、2012年にHALLOWEEN incを発表させて頂いた当時からデザインの構想があり、ずっと作りたかった作品なんです。しかし、当時はまだ粘土原型が製作の主流で、シンプルな作品ながら実は人間の手作業で作るにはとっても難しい作品なんです。

その原因はズバリッ!!『翼』です。

bat-liquid-open-wing-image.jpg翼の形状にリアリティーを追求すべく、大きく伸び伸びと広げた状態を表現しながらも、特徴的な特有の”歪み””うねり”と言った形状の変化もとらえなければいけません。カッコイイ形を完成させた後が何より難しい。。。

それは、完璧な”シンメトリック構造”です。

個人的にはこの部分は機械的と思える程、精密かつ繊細に完璧な左右対称を表現したいと考えておりました。人間にとっては困難でも、ここが3D原型の優れた所。いとも完璧に理想構造形の完成です。

<その2:研究の末に実現。こだわりのソフビ成形>

数年前から追い求めていた理想の形状を、3Dモデリング技術によりあっさりと実現してしまった”開き翼”でしたが、本当の戦いはこれからでした。。。


ソフビ成形に問題有り( ̄[] ̄)!!!


薄々予想はしておりましたが、この形状は本当に成形が抜き難い形状で、スラッシュ成形だと伸びる伸びる・・・。デロンデロンに伸びてしまったり、上手く抜けたと思っても微妙に左右の長さが違う。これでは、3Dモデリング技術により完璧なシンメトリックを表現出来た意味が全くありません

しかし、絶対に諦めません。『他社がやらない(やりたくない)様な、難しいソフビフィギュアを量産するのがINSTINCTOYのソフビだろ!!』自らを鼓舞し辿り着いた答えがコチラです。
rote-open-wing-image.jpg

成形方法をローテーションに切り替えました。この方法が最終手段だったのは、何と言っても”ハンパない手間”です(^^;)

完成形状がほぼそのまま仕上がるスラッシュ成形とは違い、ここからが本当の意味での製作開始です。まず、360度綺麗に羽の周りに付いたバリを切除します。この時、翼の形状に傷をつけてしまったらOUT(失敗)です。綺麗にバリを切除出来たとしても中間にくっきりとラインが出来てしまいます。これをサウンドペーパーと棒ヤスリで1点1点綺麗に磨きをかけます。

その後、さらに形状を滑らかにする為にシンナーでなめして漸くの完成です。

rote-close-wing-image.jpg

デザインについては後ほど改めてご紹介させて頂きますが、閉じ羽も勿論同じ作業工程を経ての完成となります。

この作業を、1体のBAT LIQUIDに対して開き翼左右、閉じ翼左右の計4枚を仕上げる必要があります。

計り知れない手間を思うと、工場で製作頂いております工員の方には本当に頭が下がる思いです。しかし、この成形&製作方法により3Dモデリングでデザインした形状そのままを、歪むことも変形することも無く理想の形状でソフビで仕上げる事に成功です!

こうして、漸く完成したソフビ素体に彩色・クリアコーティングを施しBAT LIQUID1体分(4枚)の羽が完成する形となります。その仕上がりはまるでインジェクション成形の様な仕上がりですが、1枚1枚手間を時間をかけ製作したソフビ製となります。付け根も球体の楕円形状で仕上げておりますので、お客様でも簡単に羽が交換出来る様になっております。付け根も球体の楕円形状で仕上げておりますので、簡単に羽の交換が可能です。bat-wing2.jpg

bat-liquid-sofubi-014.jpg
羽の付け根部分をご覧頂ければお解り頂けるかと思いますが、羽の根元の形状より一回り大きい溝を作っているため、一見形状が固定されているように見える両方の翼は、ソフビの弾力もあり360度旋回可能です。この辺りの表現もソフビならではの、多少自由が効く構造となっております是非ともグリグリ動かして可動範囲無いでポージングをお楽しみ下さい。

bat-liquid-sofubi-05.jpg


<その3:閉じ羽形状のこだわり>

bat-liquid-wing-close-image1.jpg
続きまして、別途付属する形の『閉じ羽』についてご紹介させて頂きます。

デザインについては、”開いた羽の形状を閉じたらどのような状態になるか”などの物理的構造は一切考えず、閉じた状態でも1つの作品として成立する形を追求し表現致しました。

左右対称の開き翼とは対照的に、体に巻きつけるようなアン・シンメトリックのデザインに仕上げました。こちらも同じく成形には大変苦労し、羽の厚みの調節なども大変でしたが面白い形に仕上がったと実感しております。

batliquid-closewing-image-01.jpg
batliquid-closewing-image-02.jpg
batliquid-closewing-image-03.jpg

<その4:下半身360度旋回によるポージングの広がり>

batliquid-openwing-image-01-2.jpg


4枚の羽の軸となるボディーはシンプルな2パーツでの構成ながら、下半身を360度旋回可能な構造にしました。

デザインにも勿論注視し、どこのポジションで止めて頂いてもデザインが破綻せず、キャラクターとして自然なポージングが成り立つ様、可動時の様々なポージングを3D上でチェックし仕上げた造形となっております。

単純に下半身が旋回するだけの可動ながら、空を羽ばたくイメージのBAT LIQUIDにとってその構造は、ポージングの広がりに大きな影響を与えます。前進する様子や、逆に空中で停滞している様子、その他にも45度付近で下半身を止めることで、旋回するようなポージングも可能です。翼の取り替え以外にも楽しめる可動ポイントです。
batliquid-openwing4-image-01.jpg
batliquid-openwing4-image-02.jpg

<その5:商品サイズのご紹介>

bat-liquid-sofubi-04.jpg

batliquid-size.jpg本製品のサイズについてのご紹介となりますが、LIQUIDから派生したキャクターだけにLIQUIDに羽は生えた位の大きさをイメージ頂いているお客様も入らっしゃるかもしれませんが、ストラップ式のLIQUIDの様に、外に持ち歩いて頂く事を想定せず、あくまで飾って頂く為のフィギュアとして製作した為、ボディー自体もLIQUIDより一回り分厚く大きくなっており、(開き)翼を含めると95mmとなります。閉じ翼の方も、ゴロッとした塊感のあるボリュームに仕上がっております。
batliquid-size2.jpg

<その6:最終完成!!販売商品のご紹介>

badliquid-series1-all.jpg最終完成体がこちらです。

HALLOWEEN incに付属の特別限定カラーを除き、一般発売させて頂くBAT LIQUID series1Nightmare BlackDark night PurpleDarkness Green全3色となります。同じ黒素体をベースに3種の彩色を施したモデルとなりますが、どれも個性のあるこだわりの配色に仕上がっております。
batliquid-3type-close-wing.jpg

改めまして、付属品につきましては※ボディーが1体、開き羽(左右)、閉じ羽左右となります。(※本体は1体のみで羽を交換頂く仕様となります。)

その他に、オビツ製作所製のマルチフィギュアスタンドに、INSTINCTOYのLOGOが入った特注OEMモデルが付属致します。組み立て式になっており、主柱の本数で長さを変更出来たり、ネジの調整によりアームの強度変更等も可能です。カラーは、暗闇を舞うBAT LIQUIDをイメージしたクリアブラック色となります。

batliquid-arm-stage.jpg


batliquid-pkg.jpg

商品パッケージがこちら。

軟質PET素材を仕様し、全体を半透明のブラッククリアに仕上げ、箱全体をCGイラストで1匹のBAT LIQUIDのイメージでデザインしました。シンプルながら、なかなか可愛いキャラクターBOXです。天面のINSTINCTOY LOGOと正面のBAT LIQUID LOGOは銀の箔押しで高級感を演出し、正面のCGイラストのBAT LIQUIDの目玉は赤泊となっておりますのでキラリと反射します。

badliquis-3pkg-image_20151105172504f8f.jpg
箱内部で商品を固定するブリスターの構造もデザインし、CGイラストの開き翼の丁度中央に、同じポージングの商品本体が配置されるようセッティング致しました。箱全体がブラッククリア色ながら、正面の近い位置に本体を設置しておりますので未開封状態でも中身が薄っすら見える仕様となっておりますのでそのまま飾って頂けます。クリアスタンドは、内部背面の空間に封入しておりますのでご確認下さい。


<販売方法のお知らせ>

hp-top-image-batliquid-set.jpg販売方法につきましては、今回は<抽選販売>では無く、日時指定開始による<先着販売>とさせて頂きます。

2015年11月8日(日)22:00より、当店オンラインSHOPにて販売を開始させて頂きます。本製品も再販は無しの初回生産限定商品となりますので在庫数がなくなり次第完売とさせて頂きます。

販売価格は1体4,300円(税込)3色setでご希望頂けますお客様は特別set価格の12,000円(税込)にてご提供させて頂きます。商品代金の他に別途送料が必要です。(※店頭引取りのお客様は送料不要)数に限りがございますので、お一人様最大で各色3体迄(※最大3set迄)の購入制限を設けさせて頂きます。

販売ページにはお買い求め頂けやすいよう、単品販売ページの他にset注文専用ページをご用意させて頂きます。万一、set注文専用ページが先に在庫満了(完売表記)となりましても、単品ページより各色1体つづご注文頂いたお客様には、こちらからの受付返信メール時にset特別価格に変更の上、対応させて頂きますのでご安心下さい。set専用ページより3set(購入制限数満了)をご注文頂いたお客様は、それ以上の数量は単品でもご注文頂く事はできませんので予めご了承下さい。以上をご理解頂けますお客様は、以下のURLまたはバナーをクリック頂き注文ページへお進み頂き、販売開始日時になりましたらご希望の商品をご注文下さい。

http://instinctoy.com/?mode=cate&cbid=330631&csid=15&sort=n
BAT LIQUID カテゴリ販売開始時刻11月8日(日)22時になりましたら商品ページが自動表示されます。

curio-pkg-03.jpg

11月6日に抽選販売応募受付の締切を迎え、翌7日に当選発表を予定しておりますCURIO 1st color "miaow"ですが、ご当選頂いたお客様で8日(日)発売のBAT LIQUIDをご注文頂いけたお客様は、送料一律にて同梱出荷が可能です。こちらでも、重複注文を確認し対応させて頂きますが、ご注文時に備考欄に『同梱希望』とお書き添え頂けると助かります。出来る限りお客様がお買い求め頂きやすい様配慮させて頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します。おかげさまで大変ご好評を頂き抽選確定の状態となりますが、11月6日23:59迄は応募受付中となりますのでこちらもどうぞ宜しくお願い致します。

CURIO 1st color "miaow"抽選販売応募受付はこちら。
http://instinctoy.com/?pid=95075974



今回も、皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げます。

スポンサーサイト
>>once more (Ranking)
人気ブログランキング登録中!! 是非とも一日ワンクリックお願いします☆
オリジナル | Comment(0) | - |
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
  1. 無料アクセス解析